美容外科なら魅力溢れるボディを作り出せる

美容整形の魅力大きな自信を持てる自分になろう

プチ整形が流行

切らないたるみ取り治療を受ける人が増えそうです

美容外科の治療と言えば皮膚をメスで切るのが当たり前だと思い込んでいる人が少なくありませんが、それは大きな誤解です。たとえば肌のたるみ取り治療の場合、少し前までの美容外科クリニックであれば、メスを用いるフェイスリフト手術を行うのが当たり前のようになっていました。それ以外に良い方法がなかったためなのですが、最近では、わざわざ皮膚を切ったりしなくても、メスを用いる手術を受けた場合と同様の効果を得ることができる治療方法が開発されてきています。代表的な方法としては、特殊な糸を用いるフェザーリフトや、高周波を皮膚に照射するサーマクールなどをあげることができます。特に、肌に針すら刺す必要がないサーマクールは高い人気を集めています。今後は、このようなメスを使わない治療方法が、美容外科のたるみ取り治療の主流になっていくのではないかと考えられています。

切らない治療を受ける際の注意点について

美容外科クリニックで切らないたるみ取り治療を受ける際には、1つだけ注意しておいた方がよいことがあります。それは、永続的な治療効果は期待できないという事実です。メスを用いて余分な皮膚や脂肪を切除するたるみ取り治療を受けた場合、切除された皮膚や脂肪が元通りに再生されるようなことはまず考えられません。そのため、半永久的なたるみ改善効果を得ることができます。でも、フェザーリフトやサーマクールの場合は、半永久的な改善効果までを期待することはできません。ですので、いずれ改善効果が消失してしまうということを理解した上で治療を受けるようにすることが大切になります。ただし、どちらの治療も、単なる対症療法的な方法ではなく、肌のコラーゲン生成力を高めることができる方法であるため、肌そのものを若返らせることができます。

Copyright (c) 2015 美容外科なら魅力溢れるボディを作り出せる all reserved.